勝手に調査!!「のぼり旗」

同窓会の2次会の後、お店で写真を撮ったのだが、のぼりのおかがで僕の顔が半分消えてしまった!

「のぼり旗」が正しいのですね

普通の人ならあまり興味を示さない事に何故か、僕は興味を示してしまうことが多い。

そして、興味を示すと、徹底的に調べたくなってしまうたちなのだ。

今までに興味を持った事と言えば

「カブと大根の違い」

「鰻の生涯」

「フロッピーディスクの行方」

「子供の頃の記憶」など、

かなり幅広く、つまらないことに興味を持って調べたことがある。

そして、今回は「のぼり」にたどり着いた。

写真撮影をした時に、僕の顔が「のぼり」で半分隠れてしまい、おかげで、皆から良い笑ものにされてしまって・・・。

「のぼりさえなければ、笑いものにならなくて済んだのに・・・」そう思うと、妙に「のぼり」について調べたくなってしまったのだ。

そこで、まず僕が、一番最初に考えたのが「のぼり」の目的である、その宣伝効果についてだった。

決して珍しくない「のぼり」。

飲食店、中古車センター、スーパー、モデルルーム・・・ありとあらゆる所、どこに行っても見かけるわけで、その斬新さに欠けると言う意味で、本当に人の目を引いているのだろうか?そんな疑問を最初に感じたのだ。

さて、僕は「のぼり」と勝手に行言っていますが、本当は「のぼり旗」が正しいようで、実際、「のぼり」を作っている会社でも「のぼり旗」と書いてありました。

Comments are currently closed.