勝手に調査!!「のぼり旗」

同窓会の2次会の後、お店で写真を撮ったのだが、のぼりのおかがで僕の顔が半分消えてしまった!

「のぼり旗」の効果を最大限に生かす!

「のぼり旗」について調べてゆく中で、「のぼり旗」には、かなりの宣伝効果があると確信した僕。

じゃあ、どんな「のぼり旗」でも効果はあるのでしょうか?と考えた時、「それは違うのではないか?」と僕は考えた。

なぜなら、何年も使っていて、何の新鮮味もない「のぼり旗」があった場合、それは、もうそこの風景の中にマッチしてしまっていて、そこを通る人には、何のインパクトも与えないからです。

例えば、いつも同じ場所に、同じ店の「のぼり旗」が立っていたとしても季節ごとや、期間限定で「のぼり旗」のデザインや内容を替えることで「あれ?何か新しい事をやっているのかな?」と言う印象を与えますね。

そして、その印象を元に、「中に入ってみよう」「買ってみようかな?」という心理に傾くわけなので、そう考えると、ただ闇雲に「のぼり旗」があれば大丈夫と言うのはいかがなものかと考えるのです・・・。

しかし、あの「「のぼり旗」、そんなに頻繁に、作ったり、買ったりできるような代物なのでしょうか?なんだか、あの凝ったデザインや、色、柄・・・・。

プロの人にデザインを頼んで、何日も待って、おまけに高額なものなのではないのでしょうかね・・・・?

Comments are currently closed.